忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Effectors 4thコンピ

お久しぶりです。Effectors代表のGalaxyです。

皆様期末考査お疲れさまでした。

生徒「えいえい、怒った?(レポート未提出)」
教授「怒ってないよ♡(単位認定不可)」怒った方はこちら

新体制以降、みんなで菓子食うくらいしかまともなサークル活動ができてなくて、ブログまで中々手が回らなかったのですが、テストも終わってひと段落ついたので記事を書き起こしました。

本題です。

Effectors 4thコンピが公開されました(フォローして、どうぞ!音源DL先を記事の最後に掲載していますのでそちらも是非チェックしてください。今回はなんと、大阪大学DTMサークルラムレーズン様とのコラボが実現しました。企画自体初めてのことでしたので戸惑う部分が多々ありましたが、いろんな方の協力のもと、なんとかリリースまでこぎつけられました。先輩方にめっちゃお世話になりました。特に当企画発案者のなとりうむさんには大変お世話になりました(こちらもフォローしてください、オナシャス!センセンシャル!)。僕自身学ぶことが多く、コンピ運営の難しさを痛感しました。そのエッセンスを次回以降に生かせたらなと思っております。

参加していただいた両メンバーのDTMerの皆様は勿論、考査一週間前が締め切りだった絵師のKAIWAREさん、特に動画師のKeisuke Studio君には大変ご迷惑をかけてしまいました。この場を借りてお詫び申し上げます。

最後になりましたが、まだまだ肌寒い日が続きます。どうか体調管理には十分お気を付けください。

Galaxy
  ↓    DL先   ↓
(ラムレーズン様のHPへ飛びます)
PR

【キャンペーン#12】結果発表【テーマ:「秋」】

初めまして、こんにちは
一回生のやなぎもとと申します。
今回は私が曲を聞いて感じた感想を述べさせていただきます。

キャンペーン#12-A テーマ:「秋」

秋ノ夜/ミナミ
焚き火のパチパチした音とピアノの落ち着いた感じが、ゆったりとした大人な雰囲気を感じました。途中に入るグニャっとした音やコツコツした音も夜の不穏さや虫の音がイメージされてるのかなと色々想像の膨らむ音が入っていて面白かったです。

dead leaves/楸也² 
全体的にカッコいい感じで、頭の中ではクッパが火を吹いて足を踏みならしている場面が浮かんでいました。台風と共に秋が去っていくという作曲者のイメージの通り、力強く迫力がある曲でした。

HalloweenNight /penpen 
テレビの中の人の声から始まり、メロディのかわいくて楽しそうだけど怖い感じや、曲の最初と最後に扉がギィと閉まる音など、ハロウィン要素がいっぱいでした。ハロウィン仕様のアトラクションに乗った気持ちが味わえて楽しかったです。

Telescope/kosako
ラストで繰り返されていたメロディ(なんて言えばいいんでしょうか)の楽しげな感じと高い音が、望遠鏡を覗き込んだ時に星がキラキラしてるみたいな感じがしてかわいかったです。

Brown Leaves Sessions/Yak'kun
爽やかな秋の風が窓から吹き込む中、朝食にこんがり焼けたトーストをかじる、そんな感じの想像が自然と浮かんでくる軽やかなメロディのスイング系ジャスでした。

秋風/カルミン 
秋風に葉っぱがクルクル舞っている楽しげなメロディにどこか哀愁も含まれていて、秋を感じる一曲でした。 
なんとなく、この曲をゲームのステージで流してプレイしてみたいなと思いました。

イチョウの栞 / ayataka
ピアノソロの穏やかな一曲でした。優しく暖かなメロディを聞いていると、散歩したい気持ちになりました。

秋の契り/五色コメット
和の雰囲気を感じました。
短冊が風になびいているところがイメージとして浮かんでくるような、華やかで落ち着いた曲だと思います。

秋をイメージした曲が人それぞれ様々で面白かったです。どの曲も楽しく聞かせていただきました。
以上、拙い感想ですが書かせていただきました、ありがとうございます。
(writer:やなぎもと)

【キャンペーン#11】結果発表【テーマ:「「「「エモいの」」」」】

皆さんこんにちは
一回生のはぎと申します
いきなり寒くなって体調の方を崩されたりはしてはいないでしょうか?
ちなみに百人一首にある大江千里が詠った
「月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど」のように秋といえば美しくもどこか感傷的な気分になる季節です。
今回はそういった季節にぴったりな「キャンペーン#11」 「「「「エモいの」」」」が行われました。
今回は楸也²さん、UKさん、五色コメットさんの3名の方が参加されました。では早速曲紹介の方にまいります!
まずは楸也²さん!
どこか愁傷感があるメロディと高音の聞いたギターの音がマッチしたポップロックソングとなっています。そしてアクセントとして来るシンセが愁傷感をよりいっそう深めているように感じました!

続いてUKさん!
曲を最初に聞いた感想は、何かが終わっていくような寂しさを感じました。さらにシンセの音の方にも、悲しみが感じられ非常にエモいと思います!そして48秒頃から始まるドラムパターンが個人的には非常にお気に入りです!

最後に五色コメットさん!
こちらの楽曲は、ピアノ曲となっています!まずコード進行とメロディから切なさが滲み出していて泣きそうです。さらに音と音の間がよりいっそう心に音を響かせていると思います!そして最後の余韻がずるいです...(泣きますよ?)

今回は以上となります!

これからもeffectersは活動して行くので、興味をお持ちになった方は是非是非
Twitter →@micro_dtms まで!

最後まで回覧ありがとうございました!
(writer:はぎ)

サークル代表降りました@楸也²

どうも、ひさぎなり しゅうやです。
9/14木曜日の定例会にて代表を降りました


次期代表はGalaxyになります(σ´∀`)σ



 



 

…無料版DAWと会話できるまで成長したらしいし、彼ならきっとやってくれるさ... 

大丈夫!!

幹部も

・kuwa.(@kuwa_for_dtm)

・Yak'Kun

・五色コメット

この3人がいるからサポートもちゃんとしてくれるはずさ!



さて前座はここまでにして、、、

ここでお世話になった団体に簡単に挨拶させてもらいます


サークルを作る段階で他大学の各団体にお世話になりました。
僕が最初にサークル作ったルーツというかサークルの在り方みたいなのは、音見鶏とラムレーズンを参考にしました
雨の中、新歓祭のブースでサークル運営について丁寧に説明してくださった音見鶏の真田 翔さん、その他にもサークル運営についてDM等で相談を聞いてくださった方々、ありがとうございました!



また、NFライブと関西DTMer飲み会にEffectorsを招待してくださった吉田音楽製作所の方々、そしてValeさんありがとうございました。数少ないDTMerと交流することができました!


 


近大内での音楽サークル、創作サークルにも運営関連で色々なアドバイスをいただき参考にさせてもらいました。ゼロ発さんとかモカ研さんとかブルマウさんとか。その他の団体にも相談させていただきました。ありがとうございました!


 


僕が入学した当初はこの大学にはDTMサークルが存在しなかったので、その1年後友人と2人でノリでこのサークルを作ってしまいました。幸い学生数が多いのもあって、興味を持ってくれる子が集まり作品を一緒に作ってくれる仲間ができました(あとで調べたらこの大学の学生数は関西では2位だった)


人だけは多い大学ですし、もし僕がサークルを作っていなくても(飲みサーが増えては消える一方で)きっといつかは似たようなDTMサークルを誰か作っていたのではないでしょうか笑 


 


サークル作ってからまだ1.5年も経っていません


まだまだ自分はEffectorsに所属したままなんで、これからもこのサークルでたくさん創作をしていこうと思います。もっとまともな曲作りたいよ~~


次回の記事は、1年ちょいDTMをやって得た自分なりの作曲法をゆる~く紹介します。最後にこの前の定例会の写真を貼っとくぞ。画像編集はkuwa.がしました!
ではでは(^^)/~

 
Writer:楸也²(@autumn_dtm)

【キャンペーン #10】結果発表【テーマ : ピアノ一本縛り】

こんにちは。
本サークルでは作曲と幹部という役職、それから絵は描けませんがデザイナーをさせていただいています。kuwa.(@kuwa_for_dtm)です。
コンピアルバムの制作も一区切りつき、暇という最も恐ろしい魔に襲われそうになった私は夏休みの残り2週間で作曲キャンペーンを開催することにしました。
いや、自分が暇だからと言って作曲キャンペーン開くってのは他のメンバーからしてみたらほぼ巻き込み事故ですね。
恐ろしい。
ってブログを書いていているときに気付きました。巻き込まれた皆様へorz
 しかしですね、このピアノ一本縛りキャンペーンは前からやってみたかったところがありましてですね、
きっかけは初心者にとって複数の音色を混ぜて曲を完成させるというのは時間もかかりますし大きなハードルとなるので、それなら1トラックで仕上がる縛り付きの作曲キャンペーンをしようと思ったのがきっかけです。
 さらに上級者にもなると打ち込めば完成ってわけにはなかなかいかず経験的にベロシティ値の個別設定やゲートタイムそれからCC64の手動入力からウンヌンカンヌンウンヌンカンヌ(削除されました)
とりあえずこだわりドコロ満載なのですよ!奥深い。めっちゃ作ってて楽しい~~。(個人的に)
はい、では曲を紹介していきましょう。
やはり今回は初心者にとっても上級者にとっても比較的とっつきやすいテーマであったと思っています。
1曲目!私の曲です。
Grief」短い曲です。
はい、
次いきましょう。
2曲目!楸也²さんの曲です。
kavka」かふかと読むそうです。
かふかとはチェコ語で烏のことだそうで。
いっぺんにたくさんのことを考えられる烏の知能の高さや、装飾音や三連符等を積極的に用いることでカクカクした独特な表現を生み出せていると思います。
最後にU/Kさんの曲です。
Sazanami
このコード進行に工夫を感じます。ぼーっとしながらいつまでも聞いていられるほどのAm / F9 / G / Dm7 とAの音が非常に効果的に用いられていてつかみきれないような憂いを感じました。
いかがでしたでしょうか、気になった人がいればその人のSoundcloudやtwitterをチェックしてみたり、また曲を聴いた感想などを(いいのも悪いのも含めて)伝えてあげるのも励みになります。
wwWドコドコWw┏(;^o^)┛FF外カラ失礼スルゾォ
最後まで読んでいただきありがとうございました。
学生の方は後期も頑張りましょう。

(Writer : kuwa.)
Clear